カーリース 車 事故 対処法 制度

カーリースの車を事故してしまった場合の対処法と制度についてBASENAME

カーリース,車,事故,対処法,制度

カーリース契約を結んでいる車に乗っていて自動車事故を起こしたり、事故に遭ったりした場合、事故後の対処法は車を購入したケースと変わりません。

 

強いて車を購入した場合と異なる点を挙げるとすれば、カーリース会社に事故が発生したことを連絡するぐらいのものでしょう。

 

あとは警察に届出をしたり保険会社に連絡したりと、リースの場合も購入の場合も同じ対処のしかたをします。

 

ここではコスモ石油のカーリース、コスモスマートビークルを例として挙げますが、事故後の車の修理や賠償は自己負担です。
コスモスマートビークルでは基本的に自動車損害賠償責任保険にしか加入していないので、補償が薄いと感じるようであれば任意保険に加入しておくことをおすすめします。

 

なお、SSによっては対応不可になっているケースもありますが、コスモ石油でも任意保険に加入することが可能となっており、リース契約の内容に希望すれば含めてもらうことが可能です。

 

また、カーリースの契約をするにあたり、現時点での保険の等級を継承することもできます。

 

そのほか、リース契約中の車が事故で完全に使用不可となった場合、コスモスマートビークルだと契約を解除しなければいけないシステムになっています。

 

この場合には、解約時に費用が請求される可能性がありますので、契約を交わす際にはこの条件をのめるかよく検討しましょう。

 

また、事故で使用不可とならないまでも、傷やへこみなど車が負ったダメージや、修理をしたことが原因となって車の価値が下がった場合、精算金として価値が低下したぶんの金額を負担しなければいけない制度にもなっていますので、この点にも注意しましょう。

 



トップページ メリット 法人向けとの違い 故障時の対処 あわない人