カーリースの自賠責保険はどうなるの?

カーリースの自賠責保険はどうなるの?

カーリースは車の賃貸借契約です。

 

カーリースにおいては、カーリース会社が税金や保険の手続き、また、支払いを代行してくれるため、維持費の管理がしやすいというメリットがあります。

 

毎月のリース料を支払うだけで、契約者は自賠責保険などの基本的な保障を受けることが可能です。

 

自賠責保険は全ての自動車と原付自動車が加入することになる損害保険であり、カーリースにおいても加入は必須条件となります。

 

しかし、自賠責保険だけではあらゆる事故や怪我に対応することができないため、カーリース会社は契約時に任意保険への加入も勧めてくるのが一般的です。

 

任意保険は基本的に自己負担となりますが、カーリース会社によっては契約の中に組み込まれているものもあります。

 


トップページ メリット 法人向けとの違い 故障時の対処 あわない人