個人 法人 カーリース 違い

個人と法人向けのカーリースの主な違い

個人,法人,カーリース,違い

初期費用が不要、車検や各種税金、メンテナンス作業・費用が不要(リース会社やプランによっては必要)と、基本的に月々のリース料金だけで利用が可能な点は個人向けも法人向けも変わりません。

 

契約満了時には別の新たな車に乗りかえる、契約延長で同じ車になる、リース契約していた車を購入する、契約を解除し返却・精算するのか、いずれかを選択するのも個人向けと法人向けで共通しています。

 

しかしながら、すべてがまったく一緒かというとそうではありません。
コスモ石油のカーリース、コスモスマートビークルをはじめ、個人での利用の場合には享受できないメリットが、法人向けのカーリースにはあるのです。

 

まず、法人向けのカーリース契約を結んだ場合、リース料金は基本的にすべて経費として損金処理をおこなうことが法人税法上認められています。
適法に支払わなければいけない税金の負担を軽くする効果が、リース契約を交わすと得られるのです。

 

また、ローンを組んで車を購入した場合、台数次第では相当な金額の借入金増加が起こります。
法人の規模によりますが、規模の割には借入金が多い状態になった場合、資金繰りに困り融資を受けようと思っても、審査に通らなくなる恐れがあります。
こうした問題を回避しやすくなることも、法人向けカーリースの魅力といえるでしょう。

 

そのほか、法人でのリースの場合は複数台の車を使用するケースが少なくありませんが、こなすべき手続きや支払い、メンテナンスが個人向けの場合より多くなります。

 

購入の場合はほとんどを自分達でしなければいけませんが、リースの場合はほとんどをリース会社に代行してもらえるため、業務の効率化が図れるでしょう。

 



トップページ メリット 法人向けとの違い 故障時の対処 あわない人