カーリース 費用 種類

カーリースに必要な費用・支払う名目の種類など

カーリース,費用,種類

カーリースの契約を結ぶにあたり、また結んだあと、何にいくらかかるのかはリース業者や契約プランによって多少の違いがあります。
ここではコスモ石油のカーリース、コスモスマートビークルを例にとって解説していきますので、参考情報としてお役立てください。

 

まず、スマートビークルでは初期費用がかかることはありません
基本的には月々一定額のリース料金だけを支払っていけばいいシステムになっているのです。

 

このリース料金には車両代金、登録諸費用、自動車取得税などが含まれているのですが、リース料金に含まれているもの以外は実費負担しなければいけません。

 

スマートビークルにはメンテナンスを含まないリースのホワイトパック、一部メンテナンスを含むリースのシルバーパック、フルメンテナンスが付いているゴールドパックといった具合に、3種類の契約プランが用意されています。

 

個々のプランによって、月々のリース料金に含まれる内容は異なります。
各契約プランのリース料金に含まれる内容をチェックし、自分に合ったパックを選択しましょう。

 

また、コスモ石油のカーリース、コスモスマートビークルだけに限った話ではありませんが、リース料金のほかには精算金が発生するケースがあります。

 

リース契約期間中に事故を起こし、修理をしても車が使用不可能になった場合には、解約時に費用が発生するケースがありますし、車の価値を下げるような損傷や故障があった場合には、査定で価値が下がった分を精算金として支払わなくてはいけません。

 



トップページ メリット 法人向けとの違い 故障時の対処 あわない人